仕事をしていなければ人生が暇です

仕事をしていなければ人生が暇です

仕事で多忙な時期は、ああ閑暇が欲しいものだ、と暇を願うのですが、
いざ仕事を終えるとなにもする事が無いという事実に気付き、
そこで初めて仕事をしていなければとても暇で虚しいのだと知るのです。
仕事が嫌いな人物が仕事を好きになるコツは、
仕事をしていないととても暇で時間を無駄にしていてしょうがない気分になってしまう、
という事実を認識する事かと思われます。
私は仕事をしていないと暇で仕方が無い、
と思い始めてからは仕事で多忙であっても、楽しく思えるようになりました。
私の閑暇の過ごし方ですが、家の掃除、買い物、入浴、ネット、ゲーム、読書、情報収集、恋人と過ごす、
といったくらいで実にシンプルにしています。
あまり趣味を持っていないのは仕事に支障が出ないようにするためと、
現在持っている趣味や生きがいを大切にしたいからです。
それに、あまり趣味を持たない方がお金が貯まるのです。
お金を第一に大切な物であると考えている私にとって、
大して好きでもない外食、レジャーなどにお金を遣うのはとても楽しく無い事なのです。
お金を遣って楽しみを得るよりも、お金を遣わない方が遥かに楽しいのです。

こうした性格は他人からすると得であると思われるようです。
私の友人は暇があるとビールを飲んだり、遊興をしたりしているのでお金が貯まらないそうです。
私はお酒に興味がありませんし、遊興も家でゲームをしているのが好きなので、
どんどんお金が貯まっていってハッピーです。